イラコン!ながの2015

トップクリエイティブプロジェクトイラコン!ながの2015

晴れ晴れMIDORIのオープンスペースで充実のサテライトスタディ、イラコンながの!

「イラコンながの!2015」の表彰式と講評会が、ステーションビルMIDORI長野のオープンスペース「りんごのひろば」で晴れ晴れと催行。表彰の後、美専の学校長はじめ、デザイナー、イラストレーター、アーティスト、映像クリエイター、の審査員、また長野県デザイン振興協会のゲストが講評、受賞者の質問などにも応えながら、一般の方も立ち寄る解放的なサテライトスタディを多いに楽しみました。

フィナーレは、受賞者を囲んで写真撮影。

最優秀賞 表彰状

入賞

  • 最優秀賞
    渡辺大靖さん(長野県中野西高等学校)
  • 優秀賞<高校生部門>
    竜川夏央莉さん(長野県上田東高等学校)
  • 優秀賞<高校生部門>
    山田理緒さん(長野県田川高等学校)
  • 優秀賞<中学生部門>
    松原花奈さん(松本市山形村朝日村中学校組合立鉢盛中学校)
  • 優秀賞<小学生部門>
    沖浦琴乃さん(佐久市立切原小学校)

以上5名

入選

  • 高橋奈那さん(長野県中野西高等学校)
  • 依田武琉さん(長野県上田染谷丘高等学校)
  • 若生柚香さん(長野県上田染谷丘高等学校)
  • 森山琳夏さん(中野市立南宮中学校)
  • 田中莉那さん(中野市立南宮中学校)
  • 上條叶さん(松本市山形村朝日村中学校組合立鉢盛中学校)
  • 稲垣凌華さん(松本市立高綱中学校)
  • 田幸優吾さん(長野市立篠ノ井西中学校)
  • 角田滉平さん(飯綱町立牟礼東小学校)
  • 大井晴希さん(小諸市千曲小学校)

以上10名

「イラコン!ながの2015」審査会開催、受賞作決定!6/14(日)ステーションビルMIDORI長野で公開表彰式・講評会、そのあと“クリエイティブフラッグ”になって街に登場!!

「イラコンながの!2015」へ寄せられた作品は全186点。グラフィックデザイン、イラスト、アート、映像分野のクリエイター及び、関連企業、機関のゲスト審査員団により入選15点、その中から入賞5点が選出されました。6月14日にステーションビルMIDORI長野で表彰式、講評会を公開で行い、その後「クリエイティブフラッグプロジェクト」に参加。街に“Kawaii”く登場です!
「イラコンながの!」は、たくさんのご応募のおかげでクリエイティブが社会へつながっていく意義あるプロジェクトに育っています。クリエイターのたまごの皆さん、ありがとうございました。

好きなことが、将来へ、社会へとつながっていきます。審査会は熱く、楽しく盛り上がりました。

表彰式・講評(公開)

日時 2015年6月14日(日) 13時~15時
場所 ステーションビル MIDORI 長野 3F りんごのひろば
内容 コンテストの応募状況や審査結果の発表の後、入賞作の5点について作者(小学生から高校生)の表彰を行い、プロのグラフィックデザイナー、イラストレーター、映像デザイナー、アーティストの審査員がそれぞれ作品の講評や制作上のアドバイスを行います。
備考 ①応募点数
186点(小学生の部 15点/中学生の部 75点/高校生の部 82点/専門大学生の部 13点)
②賞・入選
最優秀賞 1点(高校生)/優秀賞(小学生の部)1点/優秀賞(中学生の部)1点/優秀賞(高校生の部)2点/入選 10点

展示

期間 2015年 6/15~6/29
場所 ステーションビル MIDORI 長野店内
入賞作 フラッグにして展示
応募作全作 「りんごのひろば」エスカレータ壁面へプロジェクション

応募速報、「イラコン!ながの2015」に傑作、力作が現在180点あまり集結!表彰式・講評会は6月14日(日)ステーションビルMIDORI長野で‼

絵を描くことが好きな人に、発表の場、クリエイティブの楽しみを提供する「イラコン!ながの2015」に沢山の応募作品が寄せられました。未来のクリエイターの力作、宝の山、山、山!です。この後、審査、表彰、講評、クリエイティブフラッグ展示へと進んでいきます。

イラストコンテストに応募しよう!入選作はフラッグになって、街に登場!締め切り間近

絵を描くのが好きな人のために、素晴らしい発表の場を設けました。それが「イラコンながの2015」、設定されたテーマに沿って、自由に描いて応募して下さい。新しくなったステーションビルMIDORI長野でのフラッグ展示、表彰式を目指そう!

イラコン!ながの2015

“かわいい”という言葉は海外で訳せないといいます。
“cute”とは違う。幼さもかわいい、きれいもかわいい、カラフルでポップもかわいい、ブサイクもかわいい、グロテスクもかわいい…“かわいい”は日本独特の概念、アイデア、文化、哲学とまで言われ、海外では表現できない微妙な感情であるために、日本ってこんな感じという意味もふくめ、“kawaii”がそのまま輸出され、今や二十一世紀に入って世界にもっとも広まった日本語とまで言われています。
さて、そんな“kawaii”を便利に使っている私たち。特に若ものたちが見つけ出した“kawaii”で長野の街をかざってみたら面白いのではないかというのがこのテーマ。きっとそこには、新しい価値観がキラキラしているはず♪

募集要項

テーマ 街をかざるkawaii
応募資格 小学校5年生~22歳まで(県内の生徒・学生・一般)※アマチュアのみ
参加費 無料
作品規程
  • サイズ/一辺20~30cm程の正方形画面に表現してください。紙・画材など自由です。(※折り曲げ厳禁)
  • 台紙のフォーマットが必要な方は下記からダウンロードできます。
    →台紙のフォーマット
  • CG作品はプリントアウトしたものを送付。受賞者はデータを発表後に提出していただきます。(※200dpi以上の解像度)
  • 商用目的でウェブ上掲載や出版化等したことがない未発表の作品に限る。
  • 同一応募者による複数作品応募可。
  • ほかの公募に応募中の作品は応募不可。
  • 作品は返却しません。
審査・審査結果発表 審査…5月下旬 審査結果発表…6月中旬学校HPにて
表彰式 受賞者に追って連絡致します。また受賞作品中心に、4つの分野(グラフィックデザイン・イラストレーション・映像・アート)の先生方から、専門的な指導、将来へ向けてアドバイスの場が設けられます。(この催しは一般公開され、多くの皆さんの学びの場とします。日程など詳細はHPにてお知らせ致します。)
展示について 入賞作品は、フラッグとなって長野駅MI DO RI長野店内に展示されます 。
審査員 小林勝彦(長野美術専門学校 理事長/学校長)・ゲスト審査員(長野県デザイン振興協会・株式会社ステーションビルMI DO RIより)・相澤徳行(グラフィックデザイナー)・ながはり朱実(イラストレーター)・土橋利章(映像クリエイター)・下田ひかり(アーティスト)
最優秀賞1名・部門別優秀賞各1名(小学生/中学生/高校生/専門・大学生/一般)※入選者の中から選出
入賞作品の取り扱いと個人情報について
  • 応募に伴い、著作権の譲渡に同意されたものと見なし、以後の著作権は長野美術専門学校に帰属します。
  • 本賞の募集にあたって提供された個人情報は選考に関する連絡、問い合わせ、通知以外の目的では使用しません。
  • 作品は長野美術専門学校ホームページ、各種媒体で紹介します。また入賞者の氏名、年齢、所在地(市町村まで)を紹介することがあります。
  • 類似と判断される作品、上記の「応募作品の条件」にそぐわない作品は発表後でも賞を取り消すことがあります。

主催:長野美術専門学校
後援:長野県教育委員会・長野市教育委員会・長野県デザイン振興協会
協力:株式会社 ステーションビルMI DO RI

応募方法

応募用紙に記載し、作品の右下に表から見えるように貼り郵送、または長野美専へ直接搬入してください。
応募用紙は作品が複数点ある場合は全てに必要です。

応募締め切り 2015年5月8日(金)必着
※直接搬入の場合 8日(金)18:00まで
作品の送り先 〒380-0935
長野県長野市中御所1丁目10ー10「イラコン!ながの2015」 担当宛

応募用紙は下記リンクからダウンロードできます。
→応募用紙

アクセス