BISEN LINE

美専修学ライン
キャリアアップできる専門学習のしくみ

「美専修学ライン」が
教育課程のグランドデザイン

美専修学ライン

美専修学ラインは本校独自の修学プロセスです。
クリエイティブワークに欠かせないエッセンスである5つの専門性(テクニカルライン)と、基礎力・独創力・実践力を育む3つのステップ(キャリアステージ)から構成されており、それぞれの科目では専門性とキャリアをバランスよく身につけることができます。
アカデミックで実践的な教育課程が学べる、それが美専修学ラインです。

美専修学ライン

経験を積むキャリアステージ

キャリアステージ

キャリアステージには基礎を修得する「ベーシックステージ」、オリジナリティを獲得する「パーソナルステージ」、実践力を養う「プロフェッショナルステージ」があり、科目に応じて各ステージが設定されています。
段階的に基礎から積み重ねるのではなく、各ステージを行き交いながら学んでいくことで、創造性の学びを確かなものにしていきます。

ベーシックステージ

アカデミックな知識・技術の習得を目標とします。
デッサンやレタリングなど、造形全般に関わる基礎力を養っていきます。
基本的なPC操作やデザインソフトの使い方なども身につけます。

設定科目例(一部)
デッサン / 色彩 / グラフィックデザイン基礎A / グラフィックデザイン基礎B・C

パーソナルステージ

オリジナリティの獲得と自己の価値を掴むことを目標とします。
テクニカルラインにおける専門性に特化した科目に設定されており、幅広い専門知識や技能を磨きながら経験を積んでいきます。

設定科目例(一部)
グラフィックデザイン / 写真表現 / アート研究 / ライン別ゼミ

プロフェッショナルステージ

より高いレベルにおいて他者からの要求に応えたり、能動的に社会へ発信することを目標とします。
社会を意識した制作に取り組んだり、実務経験を通して社会に通用する実践力を獲得していきます。

設定科目例(一部)
インターンシップ / 総合制作

専門性を学ぶテクニカルライン

テクニカルライン

クリエイティブワークに欠かせないエッセンスである5つの専門性。
真のデザイン精神を身につける「デザインライン」、オリジナルの映像表現を創作する「映像ライン」、思い描いた世界を自分の手で表現する「アニメキャラクターライン」、感性から共感を呼び起こす作品を創る「ファインアートライン」、超えて他者からも必要とされる表現を極める「イラストレーションライン」から、自分の興味・関心に応じて選択できます。

テクニカルライン紹介

ページトップへ戻る